2010年2月1日月曜日

四年目突入!


気がついたら、独立して4年目に突入をしておりました。


この3年、無事におくることが出来ました。


色々な形で良いお付き合いをさせていただいた方に本当に感謝です。


キャリアデザインでは、自分のキャリアを考える際に、


人とのつながり方にフォーカスをするとその人の個性がよく見えるので、


それをヒントに考えると良いと言われていますが、


本当に人とのつながりが意味することは大きいと、この3年は痛切に実感することが多かったです。


これからも、本質的な価値を提供できるようにがんばります!



さて、今年の抱負を語っていませんでしたが、


といっても、抱負とまで言えるほど構えて考える気になれない自分がおりますので、


今年の向いたい方向性を少し挙げておきます。

4年目はこの2点でがんばりたいと思います。


①満足度追求からクライアントの行動変容にこだわりたい


この3年は、なんやかんや言っても、プレッシャーがかかっていたせいでしょうか。

どうしても研修やファシリテーション等の満足度にこだわってしまう自分がいました。


ただ、最近どうしても気になってしまうのは、


「自分の提供したものによって、その人は、一過性の満足や刺激ではなく、本当に満足のいく人生に向って一歩動き出しているんだろうか」


ということなのです。


この3年の学びからの私見では、


クライアントの満足度を上げるのはテクニックで可能。それにクライアントの行動変容によい影響を与える可能性もある。でも「過度な満足感だけの追求はかえって本質的な価値提供を劣化させる」気がしてならないです。


一回きりのソリューション、コーチングと言ってもたかだか数回のセッションで、クライアントの持続的な行動に何かをもたらしたいというのはある意味不遜で無謀とも考えられますが、できればそこを強く意識していきたいと強く思っています。


②非利き手の研鑽ではなく、得意技を磨き上げる方向でがんばる


昨年はあえて、利き手と違う仕事やスキル研鑽にいそしみ、本当に疲弊したので、今年は自分の得意技を極めていく方向で取組んでいこうと思います。エッジ利かせた人生でいきたいですねぇ。


③経験値をソリューションという形でまとめておきたい


ここまでこだわってやってきたものを自分なりのソリューションとして明確な形にしておきたいという衝動が強くなりましたので、できればここにもチャレンジしていきたいと思ってます!結構ユニークなものができるのではないかと自分に期待してみます。


という感じでしょうか。


変にプレッシャーにまみれたがんばりではなく、


「遊ぶように楽しみながら仕事していきたい」と思います。


本当の遊びはまじめに真剣だからこそ面白くなるもんですからね。


2 件のコメント:

おがじゅん さんのコメント...

お~~~おめでとうございます!!もう3年たったのか~。早いな。

エッケイ さんのコメント...

ありがとうございます。

本当に早いっすなぁ。。